予防歯科、プラークコントロールとはHaisyaQA .com

プラークコントロールとはPlaque control

プラークコントロールとは?
歯に付着した汚れ(歯垢)を減らし、虫歯予防に役立てることです。歯垢とは細菌の塊です。この(歯垢)プラークが歯周病や虫歯の原因ともなります。これを減らすように、日々のブラッシングやフロスが必要となるのです。プラークコントロールは、歯ブラシによる歯磨き、デンタルフロス糸ようじなどの使用、リステリンなどによるうがい、砂糖などの摂取制限、規則正しい食生活などもプラークコントロールの一種です。

プラークコントロール

プラークコントロールとモチベーション?

プラークコントロールは継続しなければ意味がありません。「今日やったから明日はお休みで〜いいか〜」とかはまったく意味がないのです。毎日継続は必須なので、それこそ患者さんのモチベーションを保ち、継続的なブラッシングフロスによる歯垢の除去などが大切なのです。歯医者さんの治療はタービンとか歯医者さんの道具による研磨だったり、削りだったりそういったものだけではありません。患者さんのモチベーションを常に保ち、その患者さんが継続的なプラークコントロールができるようにブラッシング指導だったり、そのほかの指導をちゃんと患者さんが聞いてくれてその通りやってくれるようになれば「とてもよい治療ができた」と言えるでしょう。

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.