歯医者QA.comでタグ「酸蝕歯」が付けられているもの

酸蝕歯の治療方法

|
酸蝕歯になってしまったら、どのように治療すればよいのでしょうか?それは、症状によっても変わってくるために一概にこれがいい!ということはできませんが、一般的な治療方法は、コンポジットレジン(樹脂、プラスチック)などの修復剤で治療します。


やろうと思えば、歯を削らずに修復もできますし(とれやすいという難点もありますが)、短時間で簡単に、審美性、機能を回復できます。


象牙質がむき出しになって、少しの刺激で歯が痛むのはつらいでしょうから、すぐにでも怖がらずに歯医者さんに相談したほうがいいでしょうね。きっと思っている以上に簡単に素早く治療できてしまうかもしれませんよ?

i0006304.jpg

日々の積み重ねの、食事や、生活習慣が祟り、酸蝕歯になってしまう場合があります。そもそも酸蝕歯とはなんなのか?といいますと、お口の中が酸性の強い食べ物(柑橘系のフルーツや、炭酸飲料、ビタミンドリンク、お酒など)によって、酸性に傾き、その酸により、歯が溶け出してしまうことです。


一回溶け出してしまうと、もちろん元の歯には戻ることが出来ません。そしてその溶け出してしまったところから象牙質が剥き出しとなり、しみたりすることの原因ともなります。


治療はコンポレジットレジンなどの材料で修復するのが一般的ですが、症状により、様々なことが考えられるため、よくしてもらっている歯医者さんにしっかり相談して、最良の治療方法を見つけてくださいね。

酸蝕歯を知っていますか?

|
af0100006280.jpg

虫歯菌が歯を溶かすことはみなさんよく知っていることかもしれませんが、口の中が酸性にかたよりすぎても歯が溶けてしまうことがあるんです。これが酸蝕歯なんです。酸によって歯が溶けだす怖い病気です。歯のミネラル分が溶けだして、それを再石灰化してを口の中は繰り返し行っているのですが、そのバランスを酸が壊して、歯の表面のエナメル質をとかしてしまい、中の象牙質がむき出しになってしまったりするのです。虫歯とは違い、細菌は関与していないのですが。


どうして酸蝕歯になってしまうのでしょうか?それは日々の習慣が原因だとも言われています。炭酸飲料を起きてすぐに飲むのが習慣だったり、よく口の中が酸性にかたむくような生活をしていたりだとか。健康に良い方とクエン酸や黒酢のドリンクをよく摂取したりだとか。健康に良くても歯には良くない場合もあるので注意が必要です。

タグ

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.