歯医者QA.comでタグ「経過観察」が付けられているもの

OBS 経過観察

|
「Observation」の略で、歯科医療の現場では多用される言葉です。普段の食生活、生活習慣などの見直しなどにより、状態がどのように変化するか観察しておきたいときなど、様子を見て治る具合を見てみたいときなど、経過観察してみることがあります。


どんな治療も患者さんの状態を深く見守ることによって、ベストなタイミングと、ベストな処置を施すことは大切なのです。下手に治療するよりも、慎重に今後のことを検討することも大切なのであります。


0006381.jpg

歯医者さんにいって、「経過観察しましょう」と言われたこととかありますか?経過観察というのは、虫歯には実は、削らなくてもよい場合もあるのです。これは進行していない虫歯です。進行している虫歯なのか、進行していない虫歯なのかは経過観察で明らかになります。


歯は削ってしまうともう元へは戻ることが出来ません。虫歯の治療も慎重にするべきなのです。削ってそこを埋めて、その埋めた場所から二次カリエスになり、また削って、今度は神経をとって、そこから膿がたまって最終的には歯を抜かなければならなくなってしまうのです。


このように歯には寿命があることなので、「経過観察」はその歯の寿命を延ばす意味合いでも、場合によっては必要な時もあります。「せっかく歯医者にいったのに、治療しないの?」と思うかもしれませんが、経過観察はとても大きな意味を持っています。

00006240.jpg

タグ

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.