歯医者QA.comでタグ「歯科業界」が付けられているもの

あなたが、かかりつけの歯医者さんは名札とか付いていますか?歯科衛生士の山田花子とか歯科医師の山田太郎だとか役職まできちんと書いてあるのでしょうか?前にも説明したとおり、歯科衛生士ができるお仕事の範囲だとか歯科助手がお仕事できる範囲はきちんと決まっています。


ただ医療現場においては、その範囲外の微妙なところとかもやってしまう歯医者さんとかもあるのです。たとえば、歯科助手の人が歯科衛生士か歯科医師でないとできない、お仕事の範囲を担当してしまったりする、よくない歯医者さんとかも存在します。


もちろんこういったことはなくしていかなければいけませんよね。しっかりとした歯医者さんはそこらへんの枠決めがきちんとできているからこそ、名札などに歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、担当する人がどういった人なのか患者さんにもきちんとわかるようにしてくれています。そこらへんもきちんとしておいてほしいものですね。

s006088.jpg

af0100006396.jpg

歯医者さんと一口にいっても、いろいろなジャンルの方たちがいます。
まずは歯科医師。これはみなさんごぞんじのように歯のお医者様です。歯科医師になるにはもちろん難しい国家試験を受けた上で、研修医を経てやっと一人前の歯医者さんになるみたいです。


その下に歯科衛生士さん。歯科衛生士も国家試験を受けた上で、医療人としての業務、地位が保障されています。でも治療には歯科医師とは違い、歯を削ってはいけなかったり、麻酔を打てなかったりいろいろな制限が出てきます。


歯科助手さんというジャンルもあります。歯科助手さんに関しては、アシスタントで衛生士さんのような国家試験もないので、自分にやる気があればすぐにでも働けます。歯科医療行為は出来ません。


あと歯科技工士さんもいます。歯科医師さんがつくった指示書を元に義歯、差し歯、銀歯、セラミックなどの製作、加工します。歯科技工士さんも国家試験があり、簡単にはなれません。大変高度な精密技工と美的感覚がないとなれないので、歯科業界にはいなくてはならない存在です。

歯科業界と出身大学

|
歯医者さんで働いているとこんな会話も耳にすることがあります。「あの先生は○○大卒だからあんな難しい治療できるのかしらね?」とか「口腔外科出身の先生だからあの先生は間違いないわね?」とか過去の経歴や出身大学などによっても先生は評価されることがあります。


確かに大学の歯科試験合格率も大学によってさまざまで、合格率が極端に悪い大学とかも中にはあるようです。歯科業界の中ではそういったものとかも判断基準になったりします。どこの大学出身でもよい歯医者さんはよい歯医者さんだし、とてもよい大学(国立出身だったり)でも悪い歯医者さんもいたりするようですから、出身大学だけで判断するのもよくないと思います。


相談に相談を重ね自分にあった歯医者さんを探しましょう。

タグ

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.