歯医者QA.comでタグ「歯科技工士」が付けられているもの

クラウンやインレーの適合の問題

|
通常、歯科技工士と歯科医師は完全に分業となっていて、一緒に仕事をする機会はほとんどありません。ですから歯科医師の思っているものと、歯科技工士の作ったものが異なるため、患者様の歯に合わない場合が多々あります。これは患者様にとっては不幸なこと。


スピードを追求するのではなく、質の高いモノを製作してくれる歯科技工士と、歯科医師の思っている最適な補綴物を、しっかりと歯科技工士に伝えてくれ、連携がとれているところに治療をお願いしたいですね。


まれに歯科技工士と歯科医師が一緒になっている医院がありますが、そういったところはしっかりと連携が取れているのは間違えないといえるでしょうね。

歯科技工士の技量

|
一般的に歯科技工士は科学的な知識に基づいての丁寧で正確な技術を求められます。入れ歯、クラウン、インレー、どれも生体の一部になるものですから、害がなく衛生的であり正確なものでなければいけないのです。


あらゆる歯科材料が人体に適合性があるかどうかなど、しっかりとした知識も必要ですし、その歯科技工士の技量で回復の良し悪しが決まってしまう場合もあるのです。


歯がなくなり噛む能力の低下により、全身の健康が場合によっては阻害されてしまうので、歯並び、噛み合わせをバランスよく考え、しっかりとした知識のもとに歯科医師と連携していただきたいものです。いずれにしても歯科技工士の役割は重要なので信頼のおける人にやっていただきたいですね。

100006347.jpg

タグ

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.