歯医者QA.comでタグ「歯周病」が付けられているもの

子供は歯周病になるのか?

|
答えから言いますと、「なります。」


この歯周病という病気は人間の体が退化していくときにあらわれるもので、成長期の子どもにはないはずなのですが。
しかし、実際には今日の食生活の著しい変化で、粘着性の高い柔らかい食物が多く、小学生や中学生の中には歯周病が出現するのです。 まさに文明病そのものともいえるでしょう。


小学校の歯科検診で歯肉炎と診断された経験のある人がいると思いますが、これは歯周病と言ってもいいですね。歯周病は進行に応じて初期段階と中期段階と重度段階の3段階に分けられているんです。昔は初期段階の歯周病のことを歯肉炎と呼んでいました。ちなみに中期段階の歯周病は歯周炎、重度段階の歯周病は歯槽膿漏と呼ばれています。


小学校の歯科検診で歯肉炎と診断されたら、それは初期段階の歯周病ということになるでしょう。
しかしながら、小学生で歯周炎や歯槽膿漏になってしまうことはまずないとは思います。

mini_bear_shikan.png

歯周病と糖尿病の関係性

|
歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。ご存知でしょうか?実際に糖尿病の人はそうでない人に比べ歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多いという疫学調査が複数報告されています。そして最近では歯周病になると糖尿病の症状が悪化するということも明らかになってきました。


つまり、どういうことかというと歯周病と糖尿病は相互に悪影響を及ぼしあっているとも考えられるようになってきたのです。そして歯周病治療で糖尿病も改善することも分かってきています。


詳しいメカニズムは解明されていませんが、歯周病の病巣から放出されるLPS(歯周病菌由来の毒素)やTNFαが脂肪組織や肝臓のインスリン抵抗性を増加、血糖値を上昇させます。


また、重度歯周病患者では血中CRP値が上昇し、動脈硬化や心筋梗塞発症のリスク亢進と密接に関与すると考えられています。さらには、この慢性炎症が個体の老化を促進するという論文も出てきました。


このように歯周病と糖尿病、メタボリックシンドロームの関連性が注目されています。
残念ながら歯周病になってしまったら、あきらめてそのまま放置していたりしませんか?歯周病になってしまったらお口の中の健康管理を今以上に気にして注意していきましょう。


必ず歯医者さんに行って、状況を把握しておくことも必要でしょう。そのまま放置していたりすると「隣の歯も歯周病になってしまう」こともあるのです。歯周病は感染症なので、隣の歯も気にしてみておいたほうがいいですね。場合によっては抜歯することも考えないといけません。


いずれにしてもまずは歯周病にならないように注意が必要なのです。
日々の歯のお手入れはしっかりしておきましょうね。

fe0006077.jpg

歯周病は歯を支える骨や歯肉に炎症がおきてしまう病気なのです。歯の土台であるところがだんだん溶けていき、ついには歯が抜け落ちてしまう、これが歯周病なのです。


歯周病の大きな原因は、数十種類の菌の塊「バイオフィルム」(プラーク)です。これらの細菌は何らかの原因によって歯の根っこの部分に付着、増殖していってしまいます。これによって「バイオフィルム」ができあがるのです。そして歯の周りに強力に付着していきます。


また、もっと恐ろしいのがこのバイオフィルムから出ている毒素が歯肉の炎症を引き起こし根っこの部分をどんどんと溶かしていってしまいます。歯周病は早めの治療が最適です。歯周病かな?と思ったら、すぐにお近くの歯医者さんに相談しましょうね。

たばこと歯周病

|
たばこを吸っている人と吸っていない人とでは、歯周病になる確率も変わってきます。タバコを吸うと体の免疫細胞が歯茎の正常な細胞を壊してしまうのです。また、たばこを吸うことによる、ニコチン摂取によって毛細血管が収縮し、歯茎の血行が悪くなり歯周病が悪化してしまいます。一日に吸うたばこの量が20本以上になると歯周病が吸わない人に比べ約5倍増加することもわかっています。


現在では、禁煙外来などもあり、病院などで禁煙のサポートなどをしてくれるところも多いので、これを機にたばこを吸う人は、禁煙をしてみてはいかがでしょうか?

006077.jpg

歯周病を放置していませんか?

|
歯周病はとても恐ろしい病気なので、はやめに歯医者さんに診てもらうべきだと思います。歯周病の進行具合はみなさんが思っているよりもはやいものかもしれません。歯周病を放置しておくと、すごくはやく進行していき、後戻りできなくなってしまう場合もあるのです。


初段階では、あまり痛みもなくわかりにくいのですが、歯周病の元の歯周ポケットが深くなればなるほどに、歯石が付きやすくなり、その歯石が取りにくくなります。進行すると歯茎が溶けてなくなってしまい、歯がぐらつき、抜歯しなくてはならなくなってしまいます。


抜歯しても、残りの歯などに負担をかけてしまい、その残りの歯も抜かなくならなくてはならない状態にもなってしまうので、本当にはやめの治療を行いましょう。

440006316.jpg

歯周病の進行具合

|
みなさん知っての通り、歯周病は怖い病気で、日々のプラークコントロールなどで確実に予防していかないといけません。気をつけていてもなってしまう場合があるので、そういった場合には、はやめの治療が良いです。なぜはやめの治療かというと、ひどくなってくると骨まで溶かしてしまい、溶けてしまった骨はもう元へは戻らないからです。


歯周病の進行状態によっても治療方法が変わってきます。
軽度の歯周病であれば表面の歯石をこまめに器具でとっていきます。
中度の歯周病になると歯茎の深いところまで歯石があるので、麻酔を使って治療していくことも多いです。最終的に重度の歯周病になると歯周ポケットが深すぎで、歯周ポケット内の、歯石をとることすら難しくなってくるで、歯茎を切り、そこから歯石を取り除く治療になってきます。


このように重度の歯周病になってしまうと、大変なことになってしまうので、
確実なプラークコントロールが必要です。
みなさんも歯周病には気をつけましょう。

780006095.jpg

歯周病は恐ろしい病気

|
歯周病は成人の八割がかかっているといわれています。
歯周病とはそもそもどんな病気なのでしょうか?


それは、歯と歯ぐきの間の歯肉こうに歯垢がたまり、歯ぐきが炎症を起こすことではじまり、歯茎がはれてきて、出血し、歯を支える顎の骨が次第に溶け、ぐらつき最終的にはエキスト(歯が抜け落ちること)になる病気です。歯周病の予防は、日々の心がけにより大体は防ぐことは出来るものなのです。また糖尿病や高血圧、動脈硬化、心筋梗塞などの全身疾患にもかかわりのある怖い病気なので、気をつけましょう。


歯周ポケットの正常値は2mmから3mm以下、歯肉炎、歯周病では4mm以上、重度の歯周炎では6mm以上あるといわれています。こういったものも定期的に調べてくれる歯医者さんはとてもよい歯医者さんといえるでしょう。

iee4332.jpg

タグ

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.