歯医者QA.comでタグ「ブラッシング圧」が付けられているもの

みなさんは普段歯を磨くときにどれくらいの力をかけて磨いているでしょうか?しっかり、強く磨けばよいというわけではありません。やさしい力で丁寧に磨くのがよい歯の磨き方です。


力をかけすぎて磨いていると、歯茎を傷つけてしまい歯茎が下がってしまったり、歯と歯茎の境目の歯が削れてしまって、知覚過敏の原因ともなるのです。


ブラッシングの方法によって、プラークの除去率も変わってくるので、どのブラッシング方法がよいかわからない場合には、歯医者さんに行ってブラッシング指導をしてもらうとよいでしょう。個人個人最も適した磨き方があるでしょうから、ブラッシング指導を一度もしてもらったことない方はしてもらってみてください。

eeewcf06300.jpg

適正なブラッシング圧

|
個人個人、適正なブラッシング圧と歯ブラシの硬さなどは違うものになってきます。それは個人個人、年齢も違えば、歯の硬さなども異なってくるためです。それによりプラークの除去率なども変わってくるために非常に重要なことではありますが、みなさんはどれが適正なのか理解されていますでしょうか?


ブラッシング圧、ストローク幅、歯ブラシをあてる角度などにより、プラークの除去率は変わってきます。ブラッシング圧、ストローク幅、歯ブラシをあてる角度、どれが適正でどれが適正でないか調べるためには、色の変化で簡単に調べることのできる検査キットも売っているので、たまにはご自身でチェックした方がよいかもしれませんね。

歯ブラシのブラッシング圧

|
歯医者さんでブラッシングの指導は受けたことありますか?歯磨きのブラッシングはとても重要で、経年の積み重なるあまりよくないブラッシングは、あなたの歯にとって負担をかけてしまう場合もあるのです。


もちろん歯は堅いですが、積み重なる強いブラッシング圧などによって、歯のエナメル質が削れてしまうこともあるのです。エナメル質が削れてしまうと、中の象牙質がむき出しになってしまい、少しの刺激でも歯が敏感になってしまうことも。


丁寧なブラッシングと磨き残しがないように、歯医者さんでブラッシングの指導をしてくれるところもあるので、ご自身のブラッシングに自信がないようでしたら一度、歯医者さんでブラッシングの指導を受けてみるのもよいかもしれませんね。

66100006295.jpg

タグ

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.