歯医者QA.comでタグ「セラミック」が付けられているもの

神経を抜かないセラミック治療

|
以前はセラミック治療の際に、神経を抜いてから行うのが主流でしたが、今では可能な限り神経を抜かずに健康な歯を残したまま治療を行ったりもします。


神経を抜くと歯は死んだ状態になってしまい、歯としての寿命も短くなり、後々割れてしまったり抜けてしまう場合もあるのです。その分維持費もかかることになるので、神経を抜くというのは極力避けた方がよいのです。


セラミック治療の際に軽々しく「神経を取りましょう」なんて話になったら、それは良くない歯医者さんかもしれませんね。

審美歯科で悩むこと

|
本当に健康な歯を削っても良いのか?歯並びが悪いからと言って簡単に自分の健康な大切な歯を削っても良いのか?こういったことをいろいろな方から聞かれることは数多くあります。


健康な歯だけど形が気に入らなかったり、手軽に見た目をきれいにするうえで自分の健康な歯を削ってセラミックを入れたりすることは本当に良い事なのでしょうか?これに関しては良いとも悪いとも言えないですね。やはり見た目を美しくしたい気持ちもすごくわかりますが、健康な歯を削ってまでしてよいのか疑問を抱くときも多少なりともあります。


なのでこう言った問題は、やはりきちんとした歯医者さんにしっかりと相談の上やった方がよいのかもしれませんね。削ってしまったものは元に戻すことはできませんからね。

セラミッククラウンにする場合

|
80006080.jpg


芸能人みたいに、綺麗な歯にしたいけど、ホワイトニングだと限界あるし、矯正も嫌だし、いっそのことセラミッククラウンにしたい!という人は多いかもしれませんが、実際どのような感じでセラミッククラウンにするかわかっていない人もいるようです。セラミックにするともう元へは戻すことは出来ないので、しっかりとした知識を持って治療しましょうね。


セラミックにするにはまず、歯をどのような色にするかを選ばないといけません。ここで気をつけないといけないのが、前歯の何本かをセラミックにする場合、他の歯との色をある程度合わせないと、その歯だけ浮いてしまうような印象になってしまいます。もちろん白い歯のほうが綺麗なのですが、白すぎても不自然になってしまいます。 


またセラミックの被せ物を被せる時には自分の歯を小さく削ってその上にセラミックを被せるのですが、その時に神経を取らないと出来ない場合もあります。このように、セラミッククラウンにするのにも、ある程度リスクはあるので、しっかりとした先生に相談してから正しい治療を行ないましょう。

インレーやクラウンに使う材料

|
10006235.jpg

みなさんもご存じの通り、インレーやクラウンに使う材料は色々な種類があります。
ここでいくつか紹介したいと思います。


まず一番なじみがあるのではないでしょうか?銀パラといわれる銀歯。これは保険適用の材料になるので、一番安く治療ができますが、まれに金属アレルギーを引き起こしたり、なにしろ見た目が良くないので、あまり歯医者さんではお勧めしていません。


ゴールド素材というのもあります。過去に日本でもセレブの象徴として流行ったことがあります。また欧米ではヒップホップアーティストなどが好んでゴールドの歯にすることもありますよね。適合は最高に良いし、耐久性も抜群ですが、審美の観点から行くとどうかな?と思ってしまう部分もあります。


ここからは白い材料です。
白いので審美的にはどれも充分に満足のいける材料かと思います。


1 レジン(プラスチック)
2 メタルボンド(メタボン)
3 ハイブリットセラミック
4 オールセラミック
5 ジルコニア


1番 保険が適用されるため、安く上がりますが、プラスチック素材のため変色します、なので定期的に変えなければいけないのですが、変えるためにはまた自分の歯を削ったりもしなくてはならないので、メンテナンスも大変です。

2番 これは表面は従来のセラミック素材なのですが、内側、裏側がメタル合金を使用しています。なので変色はないのですが、時間がたつと歯茎の境目が黒くなってきたりもします。

3番 セラミックの硬さと、樹脂の粘り強さの両面を兼ね備えた材料です。審美性にも優れています。昔に比べて費用も安くなっています。保険のプラスチックの詰め物よりも、永く、白く美しい歯を保つことができますが、長期的にみると色が変わってしまうという短所もあります。

4番 金属を使わないので、とっても美しく仕上がります。審美歯科で一番メジャーな材料と言えるでしょう。変色もしないので長期間美しい歯に見せることができます。金額は高めになってしまいます。

5番 これも金属を使用しないので、金属アレルギーにもならないし、変色もしないし、プラーク(歯垢)も付きにくいです。またとっても固いので、かみ合わせの強い部分(奥歯)などにも使用可能となります。金額は一番高いです。
歯の白さにもいろいろあります。セラミックにするときにもセラミックの白さを選べます。0番から大体3番まででしょうか?0番だとそうとう白いですし、質感も自分好みに選べます。マットな感じを好むかたもいますし、ツルツルした質感を好むかたもいらっしゃいます。


一時期は、不自然なくらいに真っ白で綺麗な歯が流行りましたが、最近では少し自然な感じで、そんなに白くない自然な歯の感じに仕上げたい人が増えてきたみたいです。セラミックも一回入れたら、また外すのも大体なので、よく相談してから後悔のない質感、色に仕上げたほうが良いですね。


ご自身の肌の色や、歯茎の色によっても見え方が違うので、「あの芸能人と同じ色にしたいから同じ色の番号でお願いします」という人もいらっしゃいますが、どうしても肌の色とか回りの色によっても見え方が違うので気をつけてくださいね。

6098.jpg

健康な歯を削る

|
630.jpg

健康な歯を削ってまでする治療はなんですか?それは審美歯科の治療です。まだまだ元気で虫歯にもなっていない健康な歯を削って、セラミックなどをかぶせて見た目を良くする。そういった治療方法もあります。ただこの治療は賛否両論で、健康な歯を削ってまですることなので本当は良くはありません。でも見た目の観点からいうととてもよくなります。


見た目を良くするには、健康な歯を削ってセラミックを入れる以外にも方法がないわけではありません。たとえば矯正で歯並びを良くした後にホワイトニングだったり...
ただ時間もかかるし、矯正している間は「金属が見えてしまうから、恥ずかしい」とか。いろいろ問題があります。てっとり早いのがやはりセラミックをかぶせることだと思います。


一度、歯を削ってしまうと元には絶対に戻らないので、ちゃんとした知識を持って、よい歯医者さんと相談の上、後悔のない治療を施しましょう。

タグ

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.