歯医者QA.comでタグ「ジルコニアインレー」が付けられているもの

ジルコニアインレーにすると?

|
ジルコニアという材料は、ご存じの通りとっても固い材料です。このジルコニアでインレーをつくるとどうなるのでしょうか?セラミックのインレーと比較してみましょう。


セラミックは薄くなってくると耐久性に問題が出てきてしまうので、虫歯をちょっとだけ削って薄いセラミックのインレーをつくると、割れやすくなってしまいます。そのため、削る部分を多くして、厚みのあるセラミックのインレーをつくることとなります。ジルコニアの場合は、薄くてもとても強度があるので、虫歯を最小限に削った上で薄いジルコニアをかぶせても大丈夫です。


これを見てみると一見ジルコニアインレーが一番良いと思いがちですが、ジルコニアにも欠点があります。それは強度がありすぎ、取りたい時に取れないというところです。二次カリエスなどになり、入れているジルコニアを外さなければいけない時に壊れなかったりもしたりします。無理やり壊そうとし、元の自身の歯も削らなければいけない場合も出てきます。


どちらにするにしろ、しっかりとした歯医者さんで綿密な打ち合わせの上で、自分に合った素材でインレーを作りたいものですね。

100006337.jpg

タグ

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.