歯科業界のこと: 2015年9月アーカイブ

歯医者さんの治療と予約

| | コメント(0)
みなさんは、自分でとった歯医者さんの予約時間に正確に行っていますか?
歯医者さんは治療の種類によってかかってくる時間も異なります。なので、予約時間に正確に行かないと予定していた治療ができない可能性が出てきてしまいます。


なので、たまに少しだけ遅れてしまっただけでも治療を断られてしまい、また新しく予約を入れなくてはいけない場合も出てきてしまいます。治療を確実に終わらせるためにも治療時間には正確に行きたいものですね。

80006096.jpg

舌側と頬側と遠心と近心

| | コメント(0)
歯医者さんが歯を見るときには、歯の番号をつけるのと一緒で、歯のどこの部分を指すのか舌側(歯の内側、舌のあるほう側)、頬側(ほっぺた側、外側)、さらに遠心(中心から遠い方)、近心(中心から近い方)などの言葉でいいます。


また、遠心 D (distal side)、近心 M (mesial side)、頬側 B (buccal side)、舌側 L (lingual side)ともいいます。歯医者さんに行ったときにこう言ったことを覚えておくと、自分の症状などもわかりやすくなるかもしれませんから、覚えておいた方がよいかもしれませんね。

80006098.jpg

歯医者さんにいくとまず、治療の際に治療用の椅子に座りますよね(以下、歯科ユニット)
今日はこの歯科ユニットについて書いていこうと思います。


この歯科ユニットは、患者さんからしてみればどれも大差ないものかもしれませんが、歯医者さんや、歯科衛生士さん、歯科助手さんにとって見たら、大分使い勝手も違いますし、ものによってだいぶ仕事の手際も違ってくるといわれています。


たとえば、タービンの回転がすぐに収まらなかったりとか、バキュームの吸いが甘かったりだとか、患者さんにしてみたら、「大差ないのではないのか?」と思われる小さいことなのかもしれませんが、治療をしていく上で、歯科ユニットも重要な役割をはたしているので、歯医者さん、歯科衛生士さんからしてみたら歯科ユニットなら、どれでもよいというわけではありません。

y6204.jpg

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.