審美歯科: 2015年6月アーカイブ

前装冠というものは、前歯に入れるオモテ面は白く、裏側が金属のクラウンのことです。オモテ面は白いですが、この白い部分に関しては、プラスチックなので、経年により色が変色するし、劣化するし、少し下のほうから見ると、金属の部分が見えてしまうため、審美性は良くありません。前歯なので、気になる人はとっても気になりますよね。


ただ、この前装冠のよいところは、保険適用であるため、金属が安く済むということです。前歯なので、本来であれば、審美性に優れたクラウンを入れたほうがよいかもしれませんが、気にしない人はこちらでも良いのかもしれませんが、事前に歯医者さんの説明を必ず受けましょう。

HJK 保険適用の白い歯

| | コメント(0)
HJKとは、硬質レジンジャケット冠(hard resin jacket krone)の略です。

「銀歯は見た目が美しくないし、金属アレルギーも心配だし嫌だけど、お金があまりないからなにかよい方法ないですか?」こんな方も多くいるのではないでしょうか。そんな方にお勧めなのは、HJKというレジン(プラスチック素材の)かぶせものがよいでしょう。


見た目も白くて、金属アレルギーも心配ありません。それでいて保険適用の素材であるために安い値段でできてしまいます。しかし!難点がないとも言えません。というのもこのHJKは強度に問題があるためにかけてしまいやすいのです。だから歯医者さんでもやってくれる歯医者さんとやってくれない歯医者さんがあります。また強度に問題があるために小臼歯(3、4番の歯)しかHJKを入れることが出来ません。


もしこのHJKでクラウンにすることを希望なのであれば、事前にHJKを取り扱ってくれる歯医者さんなのか聞いておいたほうがいいでしょうね。

980006139.jpg

80006080.jpg


芸能人みたいに、綺麗な歯にしたいけど、ホワイトニングだと限界あるし、矯正も嫌だし、いっそのことセラミッククラウンにしたい!という人は多いかもしれませんが、実際どのような感じでセラミッククラウンにするかわかっていない人もいるようです。セラミックにするともう元へは戻すことは出来ないので、しっかりとした知識を持って治療しましょうね。


セラミックにするにはまず、歯をどのような色にするかを選ばないといけません。ここで気をつけないといけないのが、前歯の何本かをセラミックにする場合、他の歯との色をある程度合わせないと、その歯だけ浮いてしまうような印象になってしまいます。もちろん白い歯のほうが綺麗なのですが、白すぎても不自然になってしまいます。 


またセラミックの被せ物を被せる時には自分の歯を小さく削ってその上にセラミックを被せるのですが、その時に神経を取らないと出来ない場合もあります。このように、セラミッククラウンにするのにも、ある程度リスクはあるので、しっかりとした先生に相談してから正しい治療を行ないましょう。
Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.