歯の治療: 2016年2月アーカイブ

残念ながら歯周病になってしまったら、あきらめてそのまま放置していたりしませんか?歯周病になってしまったらお口の中の健康管理を今以上に気にして注意していきましょう。


必ず歯医者さんに行って、状況を把握しておくことも必要でしょう。そのまま放置していたりすると「隣の歯も歯周病になってしまう」こともあるのです。歯周病は感染症なので、隣の歯も気にしてみておいたほうがいいですね。場合によっては抜歯することも考えないといけません。


いずれにしてもまずは歯周病にならないように注意が必要なのです。
日々の歯のお手入れはしっかりしておきましょうね。

fe0006077.jpg

根管治療の際には水硬性のセメント「キャビトン」といわれる歯科材料を使うときがあります。このキャビトンは唾液などの水分に反応してかたまる水硬性仮封材。歯髄為害作用が少なく、窩洞の密封は良好で、除去も容易です。またこのキャビトンの成分は、酸化亜鉛 硫酸カルシウム 酢酸ビニル樹脂からできています。



根管治療(根治)をしているときに先生から「キャビトンを使いますね」といわれたりしたら、このキャビトンだと思ってください。ストッピングといわれるものも根治の際に使われる歯科材料なので、どちらがいいのかは先生に聞いてみたりしてください。


このキャビトンといわれる歯科材料もメーカーや商品によって経過する日数によって硬さもかわってくるので、ご自身の歯に一番適している歯科材料を使ってもらいましょう。

006281.jpg
噛むと歯ぐきが痛い。時々歯ぐきに傷ができる、赤くなったりする、歯周病ではないが歯茎が下がっている。などの症状があったりしませんか?このような症状の場合ディープバイト(過蓋咬合)という状態かもしれません。


簡単に言うと、「噛みあわせが深い」という状態です。前の歯が舌の歯に覆いかぶさる量が一般の方よりも大きいということです。


このような状態は見た目の問題だけではなく、顎関節症になりやすかったり、ほかのところに入れたセラミックが壊れやすかったり、健康上の問題からも直したほうがよい場合も多いです。一度お近くの歯医者さんに相談してみましょう。

006096.jpg
Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.