歯の治療: 2015年7月アーカイブ

通常、インレーなどに使われている、金銀パラジウム合金、セラミックなどを、新しいものをいれようとするため、外してみると、大抵、外したところが虫歯になっている場合が多いですが、アマルガムを外すと(アマルガムが入っている時点で、入れてから20年くらいは経過しているはず)虫歯になっていないことが多いと言われています。 


 つまり、驚くことにアマルガムという材料は虫歯抑制には、とても優れている材料なのであります。 


 ただ、無機水銀と言われていますが、人体に長いこと入れているものなので、あまり芳しくはないのかもしれないですね。 ちなみに、現代の歯医者でアマルガムをインレーなどに使う歯科はまずないでしょう。
あなたはご自身の笑顔に自信がありますか?いつも口元に手を当てたりして笑っていませんでしょうか??歯の治療の上で、審美歯科というものは単に白いかぶせもの(セラミックなど)を入れることだけではありません。


会話に影響がないように、噛む能力を落とさないように、心身ともに健康であり、機能性と美しさ、両面を意識し、歯の治療を行うのがよい審美歯科の治療だと思います。


そういった意識で患者さんと良いドクター、技術力の高い歯科技工士との連携でとてもよい歯の治療ができていくものだと思います。長年付き合うものだからこそ、妥協のない治療がいいですね。

39980006109.jpg
Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.