歯の治療: 2015年6月アーカイブ

親知らずはどうすれば良いでしょうか?放置するのが良いか?すぐに抜いてしまったほうが良いか?親知らずに関しては、通常の歯とは違った形で生えてくる場合が多いです。例えば、ナナメに生えてきてしまったり、しっかり生えてこないで、中途半端なところで生えなくなってきてしまったりと。


この親知らずの処置は親知らずそのものが問題なくても、他の歯に影響を与えてしまう場合もあります。というのは、親知らずがナナメに生えてきて、隣の7番の歯(一番奥の奥歯)にかかってしまい、そこの境目が虫歯になってしまったりと。


なにかと問題になることも多いです。ただ抜くにしても、親知らずは先にも説明した通り、変な方向に生えてきてしまってることもあるので、抜きにくかったりもするので、抜くなら抜くで、それ専門の歯医者さんに相談したほうが良いかもしれませんね。

780006085.jpg

ご自身の歯が、虫歯などの理由で最終的に歯を抜かなくてはいけない状況になり、一本だけ歯がなくなってしまったら、どのような治療が考えられるでしょうか?


そのような場合には、選択肢はいくつかあります。通常であれば、ブリッジ。抜けた歯の両側を少し削って、橋渡しのような感じにして、歯を作る。それかデンチャー(義歯、入れ歯)。インプラントという方法もあります。インプラントは費用もかかるし、時間もかかるので、大変な場合もありますが、画期的な方法です。


最後に、何もしない。という選択肢もあります。この選択肢に関しては、噛み合わせの問題や、他の健康な歯に与える影響などがあるために、あまりお勧めはしないのですが、選択肢としてはあります。どのような方法が一番、あなたにとって良いか、かかりつけの歯医者にしっかり相談してから治療するのが良いですね。

7100006343.jpg

失活歯と生活歯

| | コメント(0)
失活歯と生活歯という言葉は聞いたことがありますでしょうか?
失活歯とは、活動を失ってしまった歯のことです、つまりは、神経が通っていない歯のことです。逆に生活歯とは、活動している歯のこと、つまり、正常に機能している歯のことです。


虫歯などで、歯を削り、神経まで到達してしまい、仕方なく神経をとり、失活歯になってしまうとなにかと不便なことになってしまいます。というのは、失活歯になると神経が通わなくなってしまうので、治療した根管から菌が繁殖し、膿がたまり歯の痛みの原因になったり、もちろん生活歯とくらべてみると強度も弱くなり、感度も鈍く、経年で黒ずんできたりもします。


なので簡単に神経をとってしまったらいけないのです。たまによい歯医者さんでも簡単に神経をとってしまう治療をする歯医者さんもいるようですが、極力、神経をとらずにできる治療を模索するべきですね。

77100006368.jpg

印象をとる

| | コメント(0)
「印象をとっておいてね」
歯医者さんではよく聞く言葉です。印象をとるとは、歯型をとるということなのです。印象の事を英語でImpression(インプレッション)というので「インプ」と言ったり、アポイント帳に「Imp」と書いたりもします。

歯医者さんに行ったときに、「まずあったかい材料が入りますね。次は冷たい材料が入ります。」と言われたことはありませんか?あれが印象です。

アルジネート印象材とは、通常印象というとアルジネート印象の事を言います。粘土の様な物です。つぎに寒天印象材、シリコン印象材などもあります。

3300006353.jpg

見た目が美しくなるし、歯磨きやしやすくなる、歯周病にもなりにくくなりますし、肩コリ腰痛も治るケースもあります。よくかめるようになり、より生活がしやすくなったりもします。


反面デメリットもあります。装置を取り付けている間は、歯磨きがしにくかったり、治療の費用も高いです。治療も長い期間を要しますし、装置が目立つためにつけている間は気になる人はとても気になるみたいです。


今では、歯科矯正もいろいろな方法が出てきて、マウスピース型で目立たないものも出てきていますが、やはり矯正力が弱かったりもするみたいです。自分に合った方法で負担の軽いものを歯医者さんと一緒に選びましょう。

4500006315.jpg
Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.