歯の治療

歯科医院で樹脂を固めたりするときに、細いスティック状のもので、照射する光は何か知っていますか?


あれは可視光線なのです。可視光線とは電磁波のうち波長がおよそ400?800nm(ナノメーター)のものをさし、文字通りヒトの肉眼で見ることができます。


歯を削って白い詰物(レジン修復)をする場合、虫歯を削ってレジンを詰めて形を整えてから光照射を行います。光を使って材料を固めるということは逆に言うと光があたらなければ固まらないということであり、必要なだけ作業時間がとれることが大きなメリットなのです。近頃ジェルネイルサロンなどで見る青い光も、これと同様な仕組みを使っています。


20年から30年前の歯科医院では、これに紫外線を使用していました。

便宜抜歯

| | コメント(0)
歯を矯正治療するときに、歯を綺麗に並べるためには本来必要のない抜歯をすることがあります。病気ではない健康な歯を抜くことこれを便宜抜歯といいます。そのほか、中から重度の歯周炎になった歯に対して隣接する歯への炎症の波及防止、歯槽骨レベルの維持を目的に行う抜歯を含むこともあるます。


矯正治療するときの便宜抜歯は基本、自費治療です。健康な歯を抜くことでの保険の治療は認められていませんし、自費治療である矯正治療のための抜歯は保険での対応はできないのです。それは混合治療になるからです。


便宜抜歯を行う場合はしっかりと担当のお医者さんの説明を聞いてから治療したほうが良いでしょうね。


980006142.jpg

ナート 縫合 縫うこと

| | コメント(0)
ナート(縫合)というのは本当におくが深いもので、細かい決まりやコツなどが多数あります。単に縫うというだけではなく、術後に美しく治癒する、治癒する期間の差も縫合方法、技術などによって変わってきます。


またナートに使う糸もモノフィラメントといわれるナイロンのようなすべりやすい糸を使ったり、マルチフィラメントといわれる滑りにくい糸を使う場合、さまざまです。縫い方にもいろいろあるのでたくさん勉強してきた歯科医師の先生にやってもらいたいですね。


af00006311.jpg
残念ながら歯周病になってしまったら、あきらめてそのまま放置していたりしませんか?歯周病になってしまったらお口の中の健康管理を今以上に気にして注意していきましょう。


必ず歯医者さんに行って、状況を把握しておくことも必要でしょう。そのまま放置していたりすると「隣の歯も歯周病になってしまう」こともあるのです。歯周病は感染症なので、隣の歯も気にしてみておいたほうがいいですね。場合によっては抜歯することも考えないといけません。


いずれにしてもまずは歯周病にならないように注意が必要なのです。
日々の歯のお手入れはしっかりしておきましょうね。

fe0006077.jpg

根管治療の際には水硬性のセメント「キャビトン」といわれる歯科材料を使うときがあります。このキャビトンは唾液などの水分に反応してかたまる水硬性仮封材。歯髄為害作用が少なく、窩洞の密封は良好で、除去も容易です。またこのキャビトンの成分は、酸化亜鉛 硫酸カルシウム 酢酸ビニル樹脂からできています。



根管治療(根治)をしているときに先生から「キャビトンを使いますね」といわれたりしたら、このキャビトンだと思ってください。ストッピングといわれるものも根治の際に使われる歯科材料なので、どちらがいいのかは先生に聞いてみたりしてください。


このキャビトンといわれる歯科材料もメーカーや商品によって経過する日数によって硬さもかわってくるので、ご自身の歯に一番適している歯科材料を使ってもらいましょう。

006281.jpg
噛むと歯ぐきが痛い。時々歯ぐきに傷ができる、赤くなったりする、歯周病ではないが歯茎が下がっている。などの症状があったりしませんか?このような症状の場合ディープバイト(過蓋咬合)という状態かもしれません。


簡単に言うと、「噛みあわせが深い」という状態です。前の歯が舌の歯に覆いかぶさる量が一般の方よりも大きいということです。


このような状態は見た目の問題だけではなく、顎関節症になりやすかったり、ほかのところに入れたセラミックが壊れやすかったり、健康上の問題からも直したほうがよい場合も多いです。一度お近くの歯医者さんに相談してみましょう。

006096.jpg
Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.