神経を抜かないセラミック治療

| | コメント(0)
以前はセラミック治療の際に、神経を抜いてから行うのが主流でしたが、今では可能な限り神経を抜かずに健康な歯を残したまま治療を行ったりもします。


神経を抜くと歯は死んだ状態になってしまい、歯としての寿命も短くなり、後々割れてしまったり抜けてしまう場合もあるのです。その分維持費もかかることになるので、神経を抜くというのは極力避けた方がよいのです。


セラミック治療の際に軽々しく「神経を取りましょう」なんて話になったら、それは良くない歯医者さんかもしれませんね。

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.