反対咬合 受け口

| | コメント(0)
反対咬合とは下の前歯が上の前歯より前に出ている状態で、受け口とも言われます。奥歯の場合も下の歯が上の歯より外側にある場合を反対咬合と言います。遺伝的な原因も多いので、家族が反対咬合だと本人も反対咬合になるときもあります。


子供のときに乳歯のときや前歯が永久歯になるときにマウスピースタイプの矯正装置で直す場合もありますが、大人になってから矯正する方も多いみたいです。


時間をかけたくない人はセラミック治療などをする方法もありますが、歯の根っこには大きな負担がかかってしまうので一部だけを矯正してセラミックを併用するなんて方法もあります。いずれにしてもまずは信頼の置ける歯医者さんに相談してみましょう。

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.