歯周病の正体は、細菌の塊「バイオフィルム」です

| | コメント(0)
歯周病は歯を支える骨や歯肉に炎症がおきてしまう病気なのです。歯の土台であるところがだんだん溶けていき、ついには歯が抜け落ちてしまう、これが歯周病なのです。


歯周病の大きな原因は、数十種類の菌の塊「バイオフィルム」(プラーク)です。これらの細菌は何らかの原因によって歯の根っこの部分に付着、増殖していってしまいます。これによって「バイオフィルム」ができあがるのです。そして歯の周りに強力に付着していきます。


また、もっと恐ろしいのがこのバイオフィルムから出ている毒素が歯肉の炎症を引き起こし根っこの部分をどんどんと溶かしていってしまいます。歯周病は早めの治療が最適です。歯周病かな?と思ったら、すぐにお近くの歯医者さんに相談しましょうね。

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.