たばこと歯周病

| | コメント(0)
たばこを吸っている人と吸っていない人とでは、歯周病になる確率も変わってきます。タバコを吸うと体の免疫細胞が歯茎の正常な細胞を壊してしまうのです。また、たばこを吸うことによる、ニコチン摂取によって毛細血管が収縮し、歯茎の血行が悪くなり歯周病が悪化してしまいます。一日に吸うたばこの量が20本以上になると歯周病が吸わない人に比べ約5倍増加することもわかっています。


現在では、禁煙外来などもあり、病院などで禁煙のサポートなどをしてくれるところも多いので、これを機にたばこを吸う人は、禁煙をしてみてはいかがでしょうか?

006077.jpg

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.