インレーやクラウンの適合

| | コメント(0)
「かぶせもの(クラウン)の適合がよくなかったので作り直してもいいですか?」
などと歯医者さんで言われたことはありませんか?


通常、クラウンやインレーなどは技工士さんのところへ出して作ってもらいます。
かぶせる歯(クラウン)は歯を削り、型をとって、それに合わせたクラウンを技工士さんが製作します。セラミックを用いたクラウンなどは、技工士さんもマイクロスコープ(顕微鏡)を用いて模型との適合精度を確認しています。そして出来上がったものを、いざ患者様のお口の中で合わせてみて、その適合を確認するのですが、実際にお口の中で作ったクラウンが合わない場合が多々あります。


再度、作り直さなければいけないので、患者さんにとっても、歯医者さんにとっても面倒なのですが、隙間ができていてそのままクラウンを入れてしまうと二次カリエスの原因になったり、良くないのは明らかなのです。


必ず適合の良いクラウンを入れましょう。


99280006086.jpg

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.