サンダラックという材料による仮封

| | コメント(0)
サンダラックという言葉は一般の方からしてみたら聞きなれない言葉かもしれません。
根の治療の際、膿が出ている時に蓋をすると内圧が高まってしまい痛みが出る事があります。

このときに使うのがサンダラックという材料による仮のフタです。通気性が良いので内圧を開放しますが、食物の残留物などは侵入を防ぐというものです。

根の治療の時は緊密にフタをする必要があるので賛否両論はありますが、急性症状のある根尖性歯周炎の処置時の仮封に有効です。

f0100006273.jpg

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.