歯根膜と歯根膜炎

| | コメント(0)
歯の根っこの部分とそれを支える骨の間には、歯根膜という膜があり、歯を支えている重要な部分があります。これがないと歯が抜け落ちてしまったりするのです。逆に歯を抜く時には、この歯根膜を細い針みたいなもので、この膜を壊し歯を抜くことになるのです。


この歯根膜ですが、時として歯根膜炎という炎症を起こしたりします。この原因は、細菌感染や外傷時の打撲、虫歯治療時など様々な要因で引き起こします。


この病状は、歯を軽く叩いてみると激痛が生じたり、噛んだりした時に痛みを伴ったりしますので、気をつけていればすぐにわかる症状と言えます。また、治療方法は、細菌をなくし、根管治療、最悪の場合は、エキスト(歯を抜く)しなければいけない時もあるので、早めの治療が良いでしょう。

100006345.jpg

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.