酸蝕歯になったらどうしましょう?

| | コメント(0)
日々の積み重ねの、食事や、生活習慣が祟り、酸蝕歯になってしまう場合があります。そもそも酸蝕歯とはなんなのか?といいますと、お口の中が酸性の強い食べ物(柑橘系のフルーツや、炭酸飲料、ビタミンドリンク、お酒など)によって、酸性に傾き、その酸により、歯が溶け出してしまうことです。


一回溶け出してしまうと、もちろん元の歯には戻ることが出来ません。そしてその溶け出してしまったところから象牙質が剥き出しとなり、しみたりすることの原因ともなります。


治療はコンポレジットレジンなどの材料で修復するのが一般的ですが、症状により、様々なことが考えられるため、よくしてもらっている歯医者さんにしっかり相談して、最良の治療方法を見つけてくださいね。

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.