失活歯と生活歯

| | コメント(0)
失活歯と生活歯という言葉は聞いたことがありますでしょうか?
失活歯とは、活動を失ってしまった歯のことです、つまりは、神経が通っていない歯のことです。逆に生活歯とは、活動している歯のこと、つまり、正常に機能している歯のことです。


虫歯などで、歯を削り、神経まで到達してしまい、仕方なく神経をとり、失活歯になってしまうとなにかと不便なことになってしまいます。というのは、失活歯になると神経が通わなくなってしまうので、治療した根管から菌が繁殖し、膿がたまり歯の痛みの原因になったり、もちろん生活歯とくらべてみると強度も弱くなり、感度も鈍く、経年で黒ずんできたりもします。


なので簡単に神経をとってしまったらいけないのです。たまによい歯医者さんでも簡単に神経をとってしまう治療をする歯医者さんもいるようですが、極力、神経をとらずにできる治療を模索するべきですね。

77100006368.jpg

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.