スタンダードプリコーション

| | コメント(0)
これは、未知の感染症に対しても予防策を講じるということです。感染症の有無に関わらず、すべての患者に適用する疾患非特異的な予防策。つまりは、常に何かの感染者と接していても、大丈夫なくらいの予防策をとっておこうということです。 


このスタンダードプリコーションというのは、医療現場において、基礎中の基礎なのですが、これがしっかり出来ていないところも中にはあります。(使い捨ての防護用具、手洗いなどの徹底、鋭利機材の受け渡しをしない、リキャップしないなど) 


 実際には、素人目には見極めが難しいかもしれませんが、このスタンダードプリコーションというものは、重要で基礎中の基礎だということは頭の片隅においておいたほうがよいですね。

0100006280.jpg

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.