酸蝕歯を知っていますか?

| | コメント(0)
af0100006280.jpg

虫歯菌が歯を溶かすことはみなさんよく知っていることかもしれませんが、口の中が酸性にかたよりすぎても歯が溶けてしまうことがあるんです。これが酸蝕歯なんです。酸によって歯が溶けだす怖い病気です。歯のミネラル分が溶けだして、それを再石灰化してを口の中は繰り返し行っているのですが、そのバランスを酸が壊して、歯の表面のエナメル質をとかしてしまい、中の象牙質がむき出しになってしまったりするのです。虫歯とは違い、細菌は関与していないのですが。


どうして酸蝕歯になってしまうのでしょうか?それは日々の習慣が原因だとも言われています。炭酸飲料を起きてすぐに飲むのが習慣だったり、よく口の中が酸性にかたむくような生活をしていたりだとか。健康に良い方とクエン酸や黒酢のドリンクをよく摂取したりだとか。健康に良くても歯には良くない場合もあるので注意が必要です。

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.