歯周病の進行具合

| | コメント(0)
みなさん知っての通り、歯周病は怖い病気で、日々のプラークコントロールなどで確実に予防していかないといけません。気をつけていてもなってしまう場合があるので、そういった場合には、はやめの治療が良いです。なぜはやめの治療かというと、ひどくなってくると骨まで溶かしてしまい、溶けてしまった骨はもう元へは戻らないからです。


歯周病の進行状態によっても治療方法が変わってきます。
軽度の歯周病であれば表面の歯石をこまめに器具でとっていきます。
中度の歯周病になると歯茎の深いところまで歯石があるので、麻酔を使って治療していくことも多いです。最終的に重度の歯周病になると歯周ポケットが深すぎで、歯周ポケット内の、歯石をとることすら難しくなってくるで、歯茎を切り、そこから歯石を取り除く治療になってきます。


このように重度の歯周病になってしまうと、大変なことになってしまうので、
確実なプラークコントロールが必要です。
みなさんも歯周病には気をつけましょう。

780006095.jpg

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.