経過観察という方法もあります。

| | コメント(0)
歯医者さんにいって、「経過観察しましょう」と言われたこととかありますか?経過観察というのは、虫歯には実は、削らなくてもよい場合もあるのです。これは進行していない虫歯です。進行している虫歯なのか、進行していない虫歯なのかは経過観察で明らかになります。


歯は削ってしまうともう元へは戻ることが出来ません。虫歯の治療も慎重にするべきなのです。削ってそこを埋めて、その埋めた場所から二次カリエスになり、また削って、今度は神経をとって、そこから膿がたまって最終的には歯を抜かなければならなくなってしまうのです。


このように歯には寿命があることなので、「経過観察」はその歯の寿命を延ばす意味合いでも、場合によっては必要な時もあります。「せっかく歯医者にいったのに、治療しないの?」と思うかもしれませんが、経過観察はとても大きな意味を持っています。

00006240.jpg

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.