血餅とドライソケット

| | コメント(0)
i4785.jpg

歯を抜いた後などに、口の中のかさぶたができます。これを血餅(けっぺい)といいますが、普通の皮膚とかに出来るかさぶたとは違い、口の中は湿ってるからゼリー状の血の塊みたいなのができます。


その血餅を患者さん自身が、気になって舌でいじりまくったり、うがいをし過ぎたりとかするとその血餅がとれて、ドライソケットになります。歯の下の骨がむき出しになってしまい、痛みが発生するという病気です。


治療は、昔は再度そこから血を出して、血餅の再形成とかもしてましたが、今はあまりしないようですよ。お薬いれて、経過観測が主流みたいです。

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.