麻抜(抜髄)の必要はあるのでしょうか?

| | コメント(0)
006272.jpg

麻抜(抜髄)とはご存知でしょうか?
麻抜(抜髄)とは俗に言う、神経をとることです。虫歯が大きくなり、虫歯を治療する上で歯を削っていくと最後は歯の神経をとらなくてはならなくなってしまいます。この麻抜(抜髄)はやらないにこしたことはありません。というのも麻抜(抜髄)すると血液が流れなくなってしまうので、完全に無防備な状態となってしまうのです。


ですからどうしても麻抜(抜髄)しなければいけない状態を除いては、極力、麻抜(抜髄)は避けたほうが良いです。歯医者さんの中にはめんどくさいから、あまり患者さんと相談のないままに、麻抜(抜髄)してしまったりする人もいるようですから、しっかりと良い歯医者さんを見極めて相談してみましょう。

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.