知覚過敏の原因は?

| | コメント(0)
知覚過敏は歯ブラシの先が触れたり、冷たいもの、あったかいものを口にしたり、風に歯が当たったりすると痛みを伴うことです。虫歯は神経の炎症などの病変がないばあいにみられる症状のことなのですが、原因はなんなのでしょうか?


歯の最表面はエナメル質に覆われています、ここは削ったりしても痛みはないのですが、その下には象牙質あります。象牙質は、冷たいもの、あたたかいものに触れたりすると、その刺激は内部にある神経に伝達します。その象牙質がさまざまな要因で露出し刺激が神経に伝達されると痛みが生じます。


歯肉の退縮でも象牙質が露出します。加齢とともに歯肉が下がってきて根っこがでてきて、象牙質が露出してしまったり、また歯が少しだけ欠けてしまったり、歯が擦り減ったり、溶けたりすると象牙質は露出の要因にもなります。


いずれにしても知覚過敏は、早めの相談、治療が好ましいです。

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.