歯の一生はどういったもの?

| | コメント(0)
14.jpg

歯の一生はどういったものでしょう?順を追ってみていきましょう。
まずは子供の歯が生えてきます、そしてそれが抜け落ち、大人の歯が生えてきます。健康な歯でもお手入れをさぼったりすると虫歯になってしまいます。そして歯医者さんに行きます。歯医者さんで虫歯になってきた歯を削って詰め物を入れてもらいます。徐々に詰め物を入れたところの隙間からまた虫歯菌に襲われます。また歯医者さんにいって、詰め物をどかし、虫歯になったところをさらに削ります。


これを繰り返すといずれは神経に到達します。そうなったら神経を取らなければなりません。(抜髄)神経を取り、根っこのほうに膿がたまってしまいます。(ぺるった)とかいいます。そして最後はどうしてもぬかなければならなくなってしまいます。(エキスト)


とこんな感じでしょうか?こういった一生をたどるわけですが、日々のお口のケアにより、この進行が遅くなったり、早くなったりします。だからお口のケアは大切なんです。日々の努力はなんでも必要なのです。

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.