歯科衛生士のグレーゾーン

| | コメント(0)
97.jpg

歯科衛生士と歯科医師の違いをご存知でしょうか?歯科医師が行う医行為は歯科衛生士にはできません。例えば虫歯を削ったりすることに関しては、歯科衛生士には出来ません。詳しくは歯科衛生士法というものがあり、定められています。


実際の医療現場ではグレーゾーンも存在するらしく、いろいろ問題もあるみたいです。カルテの記載もその一つです。診療に関することは大丈夫なのですが主訴を聞き取りカルテに書き込むことは出来ません。歯科業界以外の人には「どこが違うの?」というところも多数あります。


例えば、インレーやクラウンの装着は歯科衛生士にはできないのですが、実際の医療現場ではそういった状況もあり得てしまう歯科医院もあるみたいです。研修医よりも歯科衛生士のほうが技術的には上で経験もあるけれど、歯科衛生士にはできないところも数多くあります。いずれにしても、ご自身の歯の治療に関わる歯科医院は、しっかりとしたところを選びたいものですね。


コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.