歯周病は恐ろしい病気

| | コメント(0)
歯周病は成人の八割がかかっているといわれています。
歯周病とはそもそもどんな病気なのでしょうか?


それは、歯と歯ぐきの間の歯肉こうに歯垢がたまり、歯ぐきが炎症を起こすことではじまり、歯茎がはれてきて、出血し、歯を支える顎の骨が次第に溶け、ぐらつき最終的にはエキスト(歯が抜け落ちること)になる病気です。歯周病の予防は、日々の心がけにより大体は防ぐことは出来るものなのです。また糖尿病や高血圧、動脈硬化、心筋梗塞などの全身疾患にもかかわりのある怖い病気なので、気をつけましょう。


歯周ポケットの正常値は2mmから3mm以下、歯肉炎、歯周病では4mm以上、重度の歯周炎では6mm以上あるといわれています。こういったものも定期的に調べてくれる歯医者さんはとてもよい歯医者さんといえるでしょう。

iee4332.jpg

コメントする

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.