答えから言いますと、「なります。」


この歯周病という病気は人間の体が退化していくときにあらわれるもので、成長期の子どもにはないはずなのですが。
しかし、実際には今日の食生活の著しい変化で、粘着性の高い柔らかい食物が多く、小学生や中学生の中には歯周病が出現するのです。 まさに文明病そのものともいえるでしょう。


小学校の歯科検診で歯肉炎と診断された経験のある人がいると思いますが、これは歯周病と言ってもいいですね。歯周病は進行に応じて初期段階と中期段階と重度段階の3段階に分けられているんです。昔は初期段階の歯周病のことを歯肉炎と呼んでいました。ちなみに中期段階の歯周病は歯周炎、重度段階の歯周病は歯槽膿漏と呼ばれています。


小学校の歯科検診で歯肉炎と診断されたら、それは初期段階の歯周病ということになるでしょう。
しかしながら、小学生で歯周炎や歯槽膿漏になってしまうことはまずないとは思います。

mini_bear_shikan.png

歯周病と糖尿病の関係性

| | コメント(0)
歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。ご存知でしょうか?実際に糖尿病の人はそうでない人に比べ歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多いという疫学調査が複数報告されています。そして最近では歯周病になると糖尿病の症状が悪化するということも明らかになってきました。


つまり、どういうことかというと歯周病と糖尿病は相互に悪影響を及ぼしあっているとも考えられるようになってきたのです。そして歯周病治療で糖尿病も改善することも分かってきています。


詳しいメカニズムは解明されていませんが、歯周病の病巣から放出されるLPS(歯周病菌由来の毒素)やTNFαが脂肪組織や肝臓のインスリン抵抗性を増加、血糖値を上昇させます。


また、重度歯周病患者では血中CRP値が上昇し、動脈硬化や心筋梗塞発症のリスク亢進と密接に関与すると考えられています。さらには、この慢性炎症が個体の老化を促進するという論文も出てきました。


このように歯周病と糖尿病、メタボリックシンドロームの関連性が注目されています。
歯ぎしりは基本的には歯のかみ合わせの調整のために起こるものが多いのですが、このかみ合わせの悪さがトラブルを招くこともあります。




●虫歯や歯周病の原因になる
●消化不全を起こす
●発音がうまくできなくなる




歯ぎしりの多くはあまり心配しすぎる必要はありませんが、なかには早急な治療も必要なケースもあるみたいです。特に歯並びが原因となっているときにその影響は全身にも及ぼしたりするので信頼のある歯医者さんに相談したほうがいいかも知れませんね。


歯ぎしりは自然になくなることも多いですので、ひとつのサインととらえて迅速で適切な対応をしたほうがいいのかもしれませんね。
歯の神経とはどういったものでしょうか?歯の内側の痛みの感覚を生み出す元の部分は「歯髄」といわれています。歯髄は単に痛みを感じる神経ではなく、血管が走っていて動脈や静脈も存在している組織になります。


歯髄の役割はおもに、象牙質と呼ばれる部分の栄養補給、修繕などの働き。虫歯菌などの細菌が歯から体内に入り込もうとするのを防ぎます。


虫歯が歯の中に入ってきて、歯が痛くなってしまったらすでに歯髄の虫歯菌の防衛が危うい状態になっていることを示します。防げなくなってくると炎症を起こして痛みを引き起こすのです。

歯の外傷

| | コメント(0)
歯を強くぶつけたりすると、いろいろな外傷をおこします。幼児や学童では遊戯中の店頭や子供同士の衝突などが多く見られ、成人では硬いものをかんだことなどによる原因でも歯の外傷があります。


●歯の打撲 (だぼく)
●歯の亜脱臼 (あだっきゅう)
●歯の完全脱臼 (かんぜんだっきゅう)
●歯の破折 (はせつ)
●歯の嵌入 (かんにゅう)


歯の外傷では治療後でも何年も経ってから歯根の先などに病巣をつくってしまったり、歯根の吸収、動揺をきたし脱落してしまうこともあるので、定期的な検診を受ける必要があります。
全国の歯科医療機関のおよそ半数近くが、歯を削る医療機器を患者さんごとに交換をしないで使いまわしている。との調査結果が厚生労働省の研究班からでましたね。5年前の検査結果に比べたら改善してはいるものの、まだまだ院内感染のリスクが根強く残る結果となりました。


「ハンドピース」と呼ばれる柄の部分の管理の問題なのですが、治療時には口に入れ唾液や血液が付着しやすいので使い回せば細菌、ウイルスを感染させてしまうリスクがあります。日本歯科医学会の指針は、患者さんごとに機器を交換、高温蒸気で滅菌するよう定められています。

ufeo002.jpg

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.