歯科業界の人々HaisyaQA .com

歯科業界の人々について

歯科業界の人々About dentists

歯科業界の人々って?いったいどんな方たちがいるのでしょう?一口に歯医者さんといってもいろいろなジャンルがあるのです。難しい国家試験を受けて合格しなければなれない地位から、今日明日、すぐにでもやりたいと思ったらなれるものまで、歯医者さんに行ったらいろいろな人たちがいるので、こういったものも知っておくと便利かと思いますよ。

歯科業界

歯科医師
国家試験が必要です。歯科医師になるには歯科大学、もしくは大学歯学部(共に6年制)を卒業して、歯科医師国家試験に合格したのちに1年以上の研修を受けることが必要なのです。 歯科医師試験は近年難易度が上がり、合格率も低下傾向にあります。また歯科医師になるには学費だけでも(公立を除く)2000万円以上かかるといわれています。お医者様でも、開業医、勤務医などがあります。
歯科衛生士
国家試験が必要です。高等学校を卒業後、養成機関(専門、大学、短大)において衛生士に求められる知識、技術習得後、卒業後国家試験の受講資格が得られます。患者さんの口の中を自由に触ることが出来、歯磨きなどの衛生指導をしたりしますが、口の中の歯などを削ったりすることは出来ません。
歯科技工士
通常の歯医者さんにはいません。歯科技工士養成機関において全課程を修了し、歯科技工士の国家試験を受験することができるようになります。歯の造形をつくったりするお仕事です。技量が重要であることは間違いありません。
歯科助手
国家試験は必要ありません。歯科医師のおもにアシスタント、サポートのお仕事です。資格などは特にありませんが、専門用語、専門知識などをマスターしていないとお仕事になりません。やる気があればすぐにでもできます。歯科業界の現場では歯科衛生士の数が足りなくて、歯科助手がそのあなをうめているといわれています。

Copyright(C) 歯医者QA.com All Rights Reserved.